洗車や手洗い洗車のテクニック紹介

コイン洗車機を使った洗車の方法から手洗い洗車まで幅広い洗車のテクニックを紹介

洗車方法や、洗車場の利用方法、手洗い洗車のテクニックなど
洗車機と手洗い洗車で自動車を綺麗にする方法 > 洗車(状況別) > ガラス油膜取り

ガラス油膜取り

スポンサードリンク

雨の日の夜に、ウインドウが雨でギラギラしていたら、それは油膜が付いているせいです。油膜が付くと水ハジキが悪くなり対向車のライトなどが、雨で反射してしまっているのです。

一度油膜が付いてしまうと普通の洗車では中々落とすことができません。油膜取り専用クリーナーを使うことになります。ウインドウコーティング剤を塗っても中々効果が持続しなかったりする方は是非一度、油膜を取ってからウインドウコーティングを行ってください。本来のウインドウコーティングの効果が得られます。

市販されている油膜取り専用クリーナーを使います。スポンジで擦ってゆくタイプのものです。
ガラス油膜取り
スポンジを濡らして適量を取ります。
ガラス油膜取り
ウインドウに塗り広げていきます。
ガラス油膜取り
最初は塗ってもウインドウが液体をはじきます。このハジキが無くなるまで擦っていきます。あまりにもハジキが酷い場合は、クリーナーを多めに取り擦ってください。
ガラス油膜取り
ハジキが無くなった状態です。このようになるまで擦り続けます。(分かりやすく左半部だけ施工しています)
ガラス油膜取り
後は水で流すだけです。水で流すと流した水が滴るようになります。
左が油膜を取った箇所で、右半分が何もしていない状態です。油膜を取った後は必ずウインドウコーティングを行いましょう。このままでは、雨の日余計に見えないままです(^^;
画像をクリックすると拡大表示します。
ガラス油膜取り
スポンサードリンク
カスタム検索